カントリーゴールド2017年出演者情報

2017年10月15日に熊本で開催されるカントリーゴールド出演者が決まりましたので、紹介しておきます。


T.G.シェパード(T.G Sheppard)

出演が変更されています。変更内容はこちら

WEB:https://www.tgsheppard.com/
FB:https://www.facebook.com/tgsheppard/
Twitter:@TGSheppardmusic

カントリーアーティストとして21回のNo.1ヒット曲を出したT.G.シェパードは、元々本名のウィリアムニールブラウダー(William Neal Browder)として活動していた。1944年にテネシー州フンボルトで生まれ、叔父がカントリーシンガー、母がピアニストという音楽家の家系に育った。15歳の時にメンフィスに移り住み、下積みを重ねた。初めてのレコーディングは1966年で、この時の名前はブライアンステイシー(Brian Stacy)だった。1970年代初期まではRCAで管理職を務めており、1974年に別レーベルでデビューした時に初めてT.G.シェパードの名前を使用した。「Devil in the Bottle」はビルボードホットカントリーシングル部門で1位を獲得した。ちなみにT.G.シェパードの名前の由来について本人は明かしていないが、ドイツのシェパード犬から取ったとされる(The Good Shepherd)。 彼の曲はメンフィスの風土に強く影響を受けており、R&Bのリズムにカントリーの歌詞を乗せ、ポップにアレンジしたポップカントリーであるが、このスタイルが1977年のワーナーへの移籍から1980年前半まで広く受け入れられることになる。「I Loved ‘Em Every One」「Only One You」など10のNo.1ソングを続出した。
1980年後半からポップカントリーの人気が冷め始めたが、2002年にはビリーボブスでのライブ音源CDをリリースするなど、彼は精力的に活動し続け、ACMで2つの賞を獲得し、CMAからも表彰を受けている。

妻はシンガーソングライターのケリーラング。

I Loved ‘Em Every One

Only One You

T.G.シェパードのCD


ケリーラング(Kelly Lang)

出演が変更されています。変更内容はこちら

WEB:http://www.kellylang.net/
FB:Kelly Lang Fan Club
Twitter:@kellylangmusic

オクラホマシティで4人兄妹の末っ子として生まれたケリーラングは父がコンウェイトゥウィッティ(Conway Twitty)の興行マネージャーだったこともあり、15歳の時に「Lady Lady」でデビューし、この時のビデオがCMTの目に留まり、ディスクジョッキーであったラルフエマリー(Ralph Emery)の番組に出演するようになる。特にTNNの「Nashville Now」への準レギュラー出演は彼女の名前を全米に広めるきっかけとなった。 その後、バリーギブス(Barry Gibb)、ロニーミルサップ( Ronnie Milsap)、ブレンダリー( Brenda Lee)、ジョージジョーンズ( George Jones)、ロリーモーガン( Lorrie Morgan)、リッキースキャグス( Ricky Skaggs)、T.G.シェパードなど名だたる歌手らとのツアーをこなす一方で、作曲家・プロデューサーとしての実力を見せ始める。ロリーモーガン、ジェリーリーリーバイス(Jerry Lee Lewis)、クリスタルゲイル(Crystal Gayle)、ジョージジョーンズ、B.J.トーマス(B.J. Thomas)、オークリッジボーイズ(The Oak Ridge Bodys)、ジェイニーフリッキー(Janie Frickie)などへ楽曲を提供した。
2007年にT.G.シェパードと結婚。T.Gシェパードはケリーラングが14歳の時からの知人だったが、結婚のきっかけとなったのが2005年にかかった乳がんの闘病時での彼の支えだったという。
近年ではグランドオルオープリーやライマン劇場での有名歌手との華々しい共演を果たしているが、そうした背景には、テレビで得た国民的人気、作曲家としての才能の他に、彼女のエネルギッシュで緊張感ある声が観客を魅了してきたことも忘れてはならない。

I’m Done

The Next One

ケリーラングのCD


ジェームズカロザース(James Carothers)

WEB:http://www.jamescarothers.com/
FB:James Carothers
Twitter:@James_Carothers

ニューメキシコ出身のネイティブカントリーシンガー。よく響くバリトンボイスとビンスギル(Vince Gill)風のリードギターは典型的なホンキートンクのスタイルである。ナッシュビルに引っ越したのち、レネゲードマウンテンバンド(Renegade Mountain Band)というカントリーダンスバンドのボーカルを経てデビュー。彼が自分らしさが最も表れているという「New Country Singers (2014)」では、酒場での笑いを含む歌手としての体験を歌っている。
このように彼を語るのに酒場とは切り離せない。現在、ナッシュビルの「ジョージジョーンズ博物館(Gorge Jones Museum)」のレストランでの常任パフォーマーとなっている。

New Country Singers

I Must Be Alive

ジェームズカロザースのCD

他の動画も見てみたいという方のために今年も再生リストを作っておきました。

カントリーゴールド2017出演アーティスト再生リスト

ツイッター利用者の方へ
例年ですとカントリーゴールドのハッシュタグとして「#カントリーゴールド」「#CountryGold」が用いられてきましたが、「#CountryGold」はテリークラーク(Terri Clark)のラジオ番組「Country Gold with Terri Clark」とバッティングするため、「#カントリーゴールド」使用が望ましいです。
アーティストのアカウント(@○○○)を用いると本人からRTしてもらえるかもしれません。

■交通情報
8月1日追加:長陽大橋ルート(迂回路)が8月27日に開通

■お得情報
九州よかよかドライブパス2017(高速道路が定額乗り放題になるETC周遊割引)

過去の情報はこちらです。
カントリーゴールド2016年出演者情報
カントリーゴールド2015年出演者情報
カントリーゴールド2014年出演者情報

カントリーゴールド公式サイト


This entry was posted in その他の情報, イベント情報, カントリーミュージック and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

1コメント to カントリーゴールド2017年出演者情報

  1. Pingback: カントリーゴールド2017出演者変更 | レフティーズレザークラフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です