カントリーゴールド2016年出演者情報

2016年10月16日に熊本で開催されるカントリーゴールド出演者が決まりましたので、紹介しておきます。


wade_hayes01swade_hayes03s

ウェイドヘイズ(Wade Hayes)

WEB:http://www.wadehayes.com/
FB:https://www.facebook.com/officialwadehayes/
Twitter:@wadehayes1

カントリーシンガーだった父にギターを買ってもらい、14歳のころから父のバンドとして活躍。その後大学へ進学したが、音楽の夢が諦めきれずに退学し、1991年にCMAアワードのリッキースキャグス(Ricky Skaggs)のパフォーマンスを見て曲作りを開始。それが作曲家のチックレインズ(Chick Rains)の目に止まり、ブルックス&ダン(Brooks & Dunn)などの有名アーティストをプロデュースするドンクック(Don Cook)に推薦される。
1994年のデビューシングル「Old Enough to Know Better」は翌年のビルボードHot Country Singles & Tracksで1位を獲得。1995年の「I’m Still Dancin’ with You」「Don’t Stop」「What I Meant to Say」もシングルでトップ10入りを果たした。

曲調はマールハガード・ウィリーネルソン・ウェーロンジェニングスなどに影響を受けた、コンテンポラリーカントリーとホンキートンク。

2011年に生存率12%の結腸癌と診断されたものの、2度の手術に耐えて回復。

wade_hayes04s 妻のダニーボートライト(Danni Boatwright)は元ミスロディオで現役マルチタレントの女優。テレビ番組「サバイバー・グアテマラ(Survivor Guatemala)」で勝ち残り、1万ドルを手にしたことで有名。また、2003年にはテネシー州で行われたカントリーミュージックマラソンにも参加。

Old Enough to Know Better

What I Meant to Say

Wade HayesのCD


megan_mullins01smegan_mullins02s

ミーガンマリンズ(Megan Mullins)

WEB:http://www.meganmullins.com/(現在利用不可)
FB:https://www.facebook.com/meganmullinsmusic/
Twitter:@meganmullins10 Youtube:https://www.youtube.com/user/meganmullins10

ミュージシャンの家系に生まれ、3歳の時にインディアナ州のフィドルチャンピオンシップで州博覧会ショーマンシップを獲得した。家族の多くが楽器を演奏するが、特に兄のマーカスとは14歳の時に、グランドオルオープリー(Grand Ole Opry)で一緒に演奏をした。 2006年に「Ain’t What It Used to Be」でデビューし、ビルボードHot Country Songsで32位にランクインするも、同年に発売予定となっていたアルバムが未だに発売されないままとなった。
2008年にはアラバマのリードボーカルであるランディーオーウェン(Randy Owen)のソロデューアルバムの中で「Holding Everything」を一緒に歌った。

楽器のレパートリーが多彩で、フィドル・ギター・マンドリンを演奏する。 兄のマーカスがリーダーを務めるテネシーホットダムス(Tennessee Hot Damns)でも活動。

Ain’t What it Used to Be

Long Past Gone


mandy_barnett01smandy_barnett02smandy_barnett03s

マンディーバーネット(Mandy Barnett)

WEB:http://www.mandybarnett.com/
FB:https://www.facebook.com/mandybarnettmusic/
Twitter:@mandybarnett

5歳のころから歌を始め、クラシックカントリーなどのルートミュージックに影響を受けて育った。
10代のころにナッシュビルのライマン・オーディトリアム(Ryman Auditorium)で舞台「Always…Patsy Cline」にパッツィークライン(Patsy Cline)役で主演した。 1996年のデビューアルバム「Mandy Barnett」はTime誌を含む各誌に取り上げられた。 その3年後の1999年にナッシュビルサウンドの立役者であったオーウェンブラッドリー(Owen Bradley)のプロデュースで2ndアルバム「I’v Got a Right to Cry」を出すことになったが、このアルバムの制作中にオーウェンブラッドリーが逝去したため、これが彼の遺作となった。
その後2013年までに4つのアルバムを出し、更に2014年にはアリソンクラウス(Alison Krauss)のコーラスでシングル「Blue Blue Day」を出した。

Now That’s All Right With Me

I Fall To Pieces

Mandy BarnettのCD


shime01s

シメ(SHIME)

WEB:http://shime25.blog.fc2.com/
FB :https://www.facebook.com/SHIME-fan-site-294245690600730/

小学5年生のときに姉が買ってきたビートルズのレコードを聴いて洋楽に目覚め、中学でギターを始める。
早稲田大学時代に音楽サークルAMERICAN MUSIC SOCIETYに参加しルーツミュージックにも興味を持つようになる。
大学卒業後1年間のバイト生活を経て単身アメリカへ武者修行に。
サンフランシスコのヘイトストリートで歌いながら約1年間地元の人々との交流を深め様々な音楽やミュージシャンと出会う中で自らの音楽を確立していく。
帰国後本格的な音楽活動を開始し幾つかのバンドを経て1993年BMGビクターからアルバム「SHIME]でデビューし、これまでに3枚のオリジナルアルバムをリリースしている。
TEQUILA CIRCUIT、BROKEN ASHES、STYLE BAND、FIANCHIなどのバンドユニットでも精力的に活動し数枚のアルバムを発表。
2007年には日本を代表するアコースティックギタープレイヤー吉川忠英のアルバムにボーカリストとして参加している。
またソングライターとして男闘呼組、太田裕美、他に楽曲を提供する傍ら年間200本を越えるライブ活動を全国で展開している。
(公式サイト プロフィールから全文引用)

俺のラーメンの唄

ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス

SHIMEのCD

他の動画も見てみたいという方のために今年も再生リストを作っておきました。

カントリーゴールド2016出演アーティスト再生リスト

ツイッター利用者の方へ
例年ですとカントリーゴールドのハッシュタグとして「#カントリーゴールド」「#CountryGold」が用いられてきましたが、「#CountryGold」は今年からテリークラーク(Terri Clark)のラジオ番組「Country Gold with Terri Clark」とバッティングするため、「#カントリーゴールド」使用が望ましいです。
アーティストのアカウント(@○○○)を用いると本人からRTしてもらえるかもしれません。

また、Twiplaの「約束の日 カントリーゴールド 2016熊本」で、非公式情報(宿泊情報・交通情報・出演者情報・チケット情報)の共有・配信を行いますので、ご参加ください。

過去の情報はこちらです。
カントリーゴールド2015年出演者情報
カントリーゴールド2014年出演者情報

カントリーゴールド公式サイト
公式サイト出演者情報


This entry was posted in その他の情報, カントリーミュージック and tagged , , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to カントリーゴールド2016年出演者情報

  1. Pingback: 阿蘇視察旅行 | レフティーズレザークラフト

  2. Pingback: カントリーゴールド2016まとめ | レフティーズレザークラフト

  3. Pingback: カントリーゴールド2017年出演者情報 | レフティーズレザークラフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です